2008年10月13日

レネスプレイについて

開設から今まで、ひとつもネトゲの記事を書いてなかったことに気づいたので、そろそろ投稿してみようと思います。

なんか妙に頭のおかしいブログになってる!やばいぜ!

さて本題に入りますが。最近話題のレネスプレイについて考察をしてみようかと思います。

陣形の話はみにさんのところで出ているので、
ここでは現有戦力でどういった戦い方がベターであるかを考えてみます。まずは戦力の評価。
natsu  …弓☆6 近☆6 魔☆6
GATE   …弓☆6 近☆5 魔☆3
くすり  …弓? 近☆3 魔☆6
Meeny  …弓☆6 近☆3 魔?
ともぴぃ …弓☆5 近☆5 魔?
天一馬 …弓?  近☆3 魔?
零稀   …弓☆1 近☆2 魔☆4
紅煉 …弓☆2 近☆4 魔☆2

ざっとこんな感じかしら。しっかりとは見てないので大雑把です。

ぱっと見でわかるのは、近接能力が全体的に低いというところでしょうか。
対して弓能力はかなりの水準です。


そして各スキルの評価を。

VS多数となる状況においては範囲攻撃が有用なのは語るまでもないと思います。ミルの範囲、威力、速射性、どれも優秀ですが、
使いすぎると長時間の戦闘に耐えられません。(POT中毒)

弓は射程と威力がもっとも優れますが、単体攻撃という点が欠点で、パーティの何倍もの敵が攻めてくるレネスプレイでは主力にはなり得ません。

魔法サンダーは、範囲、威力は優秀ですが、準備時間、そして落雷待機時間の長さが欠点となります。展開の早いレネスプレイにおいて、時間を要するサンダーを主力に置くことはできないでしょう。

魔法アイススピアは、優秀な発射速度、そして凍結させられる点が有用です。近接補助として使うことがもっともベターな選択になります。

以上から考えると、もっとも"理想的な"戦い方は
近接のミルを最大限に活用できる状況を弓魔で作り出すこと。
だと考えられます。

近接のスキル準備を妨害する敵を優先的に倒していけば、自然と
ターゲットも近接に集中し、さらに後衛も動きやすくなります。

後衛に敵が張り付いたからといって、後衛が後衛を守るような状況になると、孤立した近接の疲労度が急速に高まり、決壊の一因となります。
あくまで後衛は近接をサポートし、後衛側に到達してしまった敵の殲滅は近接に任せます。


というのが理想なわけですが、理想は理想なんですよね。
現有戦力の近接能力は低めですので、何週目かに必ず殲滅速度が追いつかなくなると思われます。
前回の感じからいって、ミルを最大限に活かす戦い方をしたとしても、おそらく3週目で追いつかなくなると思われます。

なので、ここを独自の戦い方をしていく必要があると思うのですが。

ようするにこの戦力で一番殲滅速度があがる方法なわけですが、
弓の能力が高いので、弓を無理やりにメインに押し立てて考えてみます。

長くなったので、ちょっとここで区切ります。
posted by 紅丸 at 20:05| Comment(0) | ネトゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。